【画像あり】梅宮アンナが乳首出しのヌード。

スポンサーリンク

MexZz3HzMTcSxmt1438398641_1438398674

プロフィール

梅宮 アンナ(うめみや あんな、1972年8月20日 – )は、日本のファッションモデル、タレントである。NEWPOWER所属
川村幼稚園、川村小学校、川村中学校を経て、東横学園大倉山高等学校卒業、文化学院専門学校中退。
父親は俳優の梅宮辰夫、母親はアメリカ合衆国出身の元モデル・梅宮クラウディアで本人はハーフ。母親は、ドイツ系、スペイン系などの血を引いているという。
梅宮は初め、ファッションモデルとしてデビューしたが、1990年代半ばからはタレントとして、テレビのバラエティ番組などにも多く出演した。また、タレント・羽賀研二との約5年に渡る交際の顛末は、ワイドショーや女性週刊誌などで大いに取り上げられた。
2000年以降、一時はテレビ出演が途絶えていたが、近年では再びバラエティ番組やトーク番組への出演がみられるようになっている。
1990年代、街でスカウトされて、女性雑誌 『JJ』に専属モデルとしてレギュラー出演した。 以前より“梅宮辰夫の娘”としては幾たびかテレビに出演していたが、『ねるとん紅鯨団』の芸能人大会に単独で出演。司会進行の石橋貴明が梅宮を非常に気に入り、その回のマドンナのように扱ったこともあり“梅宮アンナ”の名と顔が一般にも知られるようになった。
1994年(平成6年)ごろから、タレントの羽賀研二と交際、父親の梅宮辰夫がこれに公然と反対を示し、羽賀に対する叱責や批判を繰り返すなどしたため、芸能マスコミは好んでこの騒動を取り上げた。羽賀との交際中の1995年に、羽賀と共演するヌード写真集(ヘアヌードならぬ、”ペアヌード” と呼ばれた)『アンナ 愛の日記』(撮影:篠山紀信)を出版している。これは、当時多額の負債を抱えていた羽賀が自身の借金返済のために企画したものだとも揶揄されたが、後に梅宮本人は「私一人で考えて、純粋にメモリアルとしてやったもの」と述懐している。
羽賀との交際は、1999年(平成11年)に破局を迎えた。
その後の2001年(平成13年)6月、梅宮は元飲食店勤務の男性と「できちゃった結婚」し、翌年1月には長女が誕生した。しかしながら、さらに翌年の2003年(平成15年)2月には離婚、元夫の男性はその翌年に賭博開帳図利容疑で逮捕された。梅宮は2008年、『3年間の不倫愛が裏切られて私は死を考えた』と題する文章を女性誌に執筆、テレビ番組では再現ドラマが製作された。一方、自身の恋愛観について梅宮は「スペースマウンテンに乗るような、スリルある恋愛を好んでしまう」とも告白している。
2009年(平成21年)末、新しい恋について尋ねられた梅宮は、友人らから「アンナは日本人もダメ、アメリカ人もダメ、日系アメリカ人だよね」と言われたことを挙げ、「もし私が新しい恋をするなら日系アメリカ人、って思い始めたの」「私と同じような境遇の人がやっぱりいいのかな…」と述べている。
独身時代は体脂肪率が一桁だった時期もあり、下着の広告モデルに採用されメリハリのある肢体を見せたこともあった。しかし、もともと太りやすい体質だったこともあり、30代から徐々に体重が増加、体型も崩れてきた。一時期は体脂肪率が33%を超えたこともある。そのことは自身のブログや、ダイエットを企画したテレビ番組でも公開しており、公開することで自身に鞭を打ち、ダイエットに励んでいる。
引用元:ウィキペディア

ゴールデンタイムWaap


出版

著作

「みにくいあひるの子」だった私

写真集

アンナ 愛の日記

画像や動画は次のページで紹介してます。

スポンサーリンク
アダルト動画 DUGA -デュガ-

この記事をシェアする

更新情報をチェックする